忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228
味噌川ダムを出て、一度中山道へ戻る。
そして諏訪の方へ少し北上し、トンネルを抜けたところを
県道493号に右折。その後国道361号を東進…

味噌川ダムから美和ダムへ向かう為の道順だが
その県道493号沿いにあるのが奈良井ダムだ。

 
この手の寄る予定のないダムは、もちろん調べて無いのだけど
「ナビに表記がある」ので、その存在に気付き立ち寄ってみたりする。

 
天端は立入禁止。そこそこの規模のロックフィルっぽいが…はて。

 
自由越流式の非常用洪水吐withローラーゲートの常用洪水吐。
なるほど合理的。たぶん。

 
その導流部。左岸にも行けそうな道・橋があるが、まあいいか。。
(夕方のテンションはこんなもん)

 
限られたアングルから堤体を。一面草。アースダムかよっ。

ちなみに、味噌川ダムは太平洋側に注ぐ木曽川水系だが
そこより若干とはいえ南に位置するこの奈良井ダムは日本海側に注ぐ信濃川水系だ。
ちょっと不思議な気分。


ダム諸元
名称:奈良井ダム(ならい)
形式:ロックフィル
目的:FNW
堤高:60m
堤頂長:180m
堤体積:953000立方メートル
総貯水量:800万立方メートル
ダム湖:ならい湖

管理者:長野県
完成年:1982年

ダムカード無し
これら諸元はダム便覧からの引用です

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カードは無くともダム見学
うむ、アースダムにしか見えないですねw

洪水吐。下がローラーゲートで、上が自由越流、、、で良いのですよね?
どこのダムも同じ構造で同じ規格にしておけば、点検もメンテナンスも部品交換も効率良さそうに思ってしまうのですが、ダムマニアから無粋な考え方ですかね?
成瀬葉| | 2013/08/27(Tue)00:39:41| 編集
上が自由越流、下がローラーでよいです。
ダムそのものは地形に依存するので千差万別なのは良いとして、洪水吐はある程度統一…?とか思わせといて用途やこれまた地形に依存しますからねぇ。
でもロックフィルの洪水吐は結構似てるの多いイメージですよ。

まあ、何にせよ、一基一基違うのが魅力の一つではありますねぇ
C2G| | 2013/08/27(Tue)02:07:34| 編集
美和ダム   *HOME*   味噌川ダム
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 7 9 10
12 14 15 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[06/24 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
[06/22 成瀬葉]
[06/22 成瀬葉]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
北海道・東北のダム
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]