忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250
加治川治水ダムから県道335号を2キロほど戻ると見えてくる…
まあもちろん行きにも見えてましたが、こんな建物。

 
ひと気の無い山中にポツンとある、かつて営業していた喫茶店といった佇まい。
山を走っていると、よくあるパターンなんですよ。かつて茶屋だった廃墟とか…

ま、それはさておき、これはダム管理所です。
この管理所から30メートルほど上流のあたりから川を覗くと

 
柵の隙間から飯豊川第1ダムのカーブしている堤体が僅かに見える。
……というか、これ以上見ることはできない。
手前の構造物はスライドゲートでしょうか。

この飯豊川第1ダム、建設が1915年ってことで約100歳。
まだまだこれからも現役で活躍していくことでしょう。

ぶっちゃけもう撮るものもう無いんで看板でも。。

 
まあ、このダムって言うより、上流の加治川治水ダムの状況次第ですかね。


ダム諸元
名称:飯豊川第1ダム(いいでがわだいいち)
形式:重力式コンクリート
目的:P
堤高:39.8m
堤頂長:49.6m
堤体積:8,000m3
総貯水量:280,000m3
ダム湖:-
管理者:東北電力
完成年:1915年

ダムカード無し
ダム便覧

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
発電一筋約百年
百年近く発電し続けてる働き者のダムですな。

ところで、やはり気になるのは喫茶店風の建物。
結構おしゃれですし綺麗に見えますね。
さびれた廃墟とかも怖いですが、不自然さを受ける感じも怖い。
怖いもの見たさの興味が沸いてきます。

他のそういうのは写真に撮ってないのですか?
なんか映りそうな空気で?
成瀬葉| | 2013/10/01(Tue)00:51:51| 編集
100年前としては巨大ダムだったらしい。

廃墟写真ですか…
特に撮ってはいないですねぇ。
今度気になったら撮ってみます。
なんか写りそうって意味では
ダムも何かしら写っても不思議では…
C2G| | 2013/10/01(Tue)10:22:10| 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 10 11
13 14 15 16 17 18
21 22 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[11/18 山名斯波]
[11/18 山名斯波]
[11/18 山名斯波]
[11/18 山名斯波]
[11/18 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]