忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[794] [793] [792] [791] [790] [789] [788] [787] [786] [785] [784
紀の川大堰を出る時に、
もう今日のダム巡りは終了ってことで

その段階でBooking.comに登録して宿を押さえる。
結局泉佐野にある関西空港パインヴィラホテル。

あとはとにかく雨から逃げるように大阪へ。

R26第二阪和国道をひた走る。
ふと、というか、いつものように飯を食っていないことに気づく。
ダム巡り的な時間に追われている訳でもないので、
そこはちょいと休憩しようということで


大阪の先っぽ、岬町にある道の駅「みさき夢灯台」。
まるで演歌のタイトルのよう。
グーグルマップの航空写真では建設中の様子が。

夢灯台
その名の通り、海が望める。
っていうか、山の中走ってたので、いつの間にこんな海のそばに来てるとは思わなかった。

和歌山ラーメン
大阪で和歌山ラーメンを食べる。和歌山ラーメンの定義は分からないが。

しらすかき揚げ
ゆきてぃはしらすのかき揚げうどん(だったかなぁ)を喰ってた。
海のそばだし正解は恐らくコッチ。
まあ、どちらも美味しかったけどね。

STPで出したウツボとかもここで買ったんじゃなかったかな?

とりあえず、一休みしたところでもうひと頑張りです。


さて、パインヴィラホテルなのですが、
我々はナビに従って進むしか無いのです。
しかし、進めば進ほど住宅街……

あれー? ここのハズなんだけどなぁ……

パインヴィラ
よく見ると、やっぱりここなのです。
インターホンを押して入るホテルなのです。
キッチリしているホテルというより
かなり融通は利かせてもらえる感じです。
バイクも屋根のあるガレージに泊めさせて貰って一安心。

※ホテルの写真は翌日のものもあります。

パインヴィラ
見れば見るほど豪邸ではあるがホテル感は無い。
というのも、元々どこかの社長宅だったとか。

パインヴィラ
この部屋しか空いてなかったのです。豪華すぎ。
でも安かったのです。

パインヴィラ
広すぎるウォークインクローゼット。
雨に濡れた装備は除湿機全開でここへ放置。

パインヴィラ
部屋からこの庭園に出ることもできる。雨降ってたけど。
っていうか、さすが社長、やるな!どなたかは存じませんが!

さてさて、ここからは夕飯を食べに出かけよう。
とはいえ雨は強くなる一方。
傘は一本(しかも小さい)。やれやれ。
近所にお店は無い(住宅街やしね)。
コンビニも駅前(1kmほど離れてる)。
何なら隣駅の方が栄えてる。

でもまあ仕方ないので、コンビニまで歩くことに。
しかし、大雨の中1km歩けばずぶ濡れ。
コンビニで大きなビニール傘を買って……
夕食を買って歩いて帰る…………のは嫌過ぎる。

だったらもう、一駅なら電車に乗って隣の日根野駅へ行こう。
なんか栄えてるらしいし!
帰りは……栄えてる駅ならタクシーおるやろ!

文字潰れ
というわけで阪和線長滝駅。
「紀州路快速」と思われる文字、潰れすぎ。

阪和線
何か見慣れないものが前面にくっついてる阪和線の電車。
鉄オタではないが、旅先では電車って撮るよねぇの典型。

でまあ、日根野駅は確かに栄えていて
イオンモール行ったり(ホテルには寝間着がなかったので何か部屋着っぽいのを)
居酒屋を探したり……というより雨はもう嵐そのもの。

駅からイオンモールへ向かう道の途中で手を打つことに。

※間違った写真を掲載していました(_ _)
なので修正です!

子龍まずは一杯

なので、ここからは正しい写真をアップしまくります。
まずはお通し&ビール。上品なんだぜ。

子龍若竹煮
若竹煮!他に頼んでる人がいて、つい頼んじゃった!

子龍おばんざいセット
おばんざいセット。これも旨かったなぁ。

子龍天ぷらとか
子龍さんは天ぷら推しの店!天ぷらの盛り合わせとお刺身。

子龍あら煮
旅先でよく使う「何がオススメですか?」でオススメされたのが
このあら煮!食い応え満点。そして旨い!

他にも色々食べたけど、まあどれも美味しかったねぇ。

ホールのお姉さんが翌日東京に就活にいくとか
そんな事情も聞いたり、
旅先の居酒屋では店員さんとの会話が増えてしまう。

子龍のマスターと
最後はこんな写真を撮ってみたり。
東京に行くカワイコチャン(死語)店員さんに撮ってもらいました。

こんな感じで飲んでいたら
奥に写っているキャラの立っているお姉さんが
「近くだからいいわよー」とタクシー代わりに送っていってくれるとのこと!
ありがたやありがたや!
やっぱり会話って大切やねぇ~

でまあ、ホテルに帰ってから
買ったばかりの大きいビニール傘を
お姉さんの車の中に忘れてることに気づくんですけどね!

とにかく楽しい夜を過ごさせて頂きました。


翌朝。
パインヴィラ
モソモソと朝食を食べてるところを激写されていた……

さあ、目が覚めたところで三日目に突入です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
しまった!(意味はコメント欄で)
こんばんは。

うわっ!飯テロだ!
もっと時間をずらしてみればよかったw

うどん、おいしそうですねぇ・・・
しかし、シラスのかき揚げかぁ。初めて見る料理ですねぇ。
自分の地元の近所はシラスで有名らしいのですが、かき揚げは聴いたことなかったです。
ラーメンは・・・脂が・・・怖いw

宿の方は「民泊」に当たるものなのでしょうか?
ホテルや旅館とはまた違う趣がありますねぇ。
しかし、おいくら出したらそんな豪華なお部屋に泊まれるのでしょうか?w
むむ?部屋は豪華だけど寝巻等が無いからお安くなるのか?
むむむ?

自分自身は呑めないのでそういうふれあいは出来ないですねぇ。
うらやましい限りですよ・・・
しかし、奥のお姉さん・・・写真公開されていること、ご存知なのだろうか?w

翌朝の「激写」はゆきてぃさんの仕業でしょうか?w
ちゃっかり早めに食されていたのですね?

しかし・・・
そんな嵐のような豪雨の中でバイク旅はさぞ、きつかったと思われますが
風邪など引かなかったのでしょうか?若干、心配になりました^^;
そして、いよいよ3日目との事ですが・・・
C2G様の記憶が残っているのか?そこだけを心配しておりますw

それでは3日目の旅路を期待しつつ・・・
長文、失礼しました。
ほえ| | 2018/05/31(Thu)04:38:55| 編集
Re:しまった!(意味はコメント欄で)
民泊って訳じゃ無く、元社長宅を改築して宿泊施設としてる訳ではあるのですが……
朝食つけて一人6000円してないのは評価出来る値段かとー

ダム以外は、意外と撮り損ねてることが多いのですが
そういうのをゆきてぃが撮影していたりします。宿の写真とかもw

まあ、ツーリング中に雨に降られるのはぶっちゃけ慣れっこなのでね。
体調崩して、旅行そのものを台無しにしてしまうようなことは無いよう気をつけています。
旅行のワクワクが病魔を寄せ付けていないのはあるかもしれませんw
病は気からですからね
【2018/06/01 02:13】
ゲタ納車   *HOME*   紀の川大堰
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[06/15 山名斯波]
[06/15 山名斯波]
[06/15 山名斯波]
[06/14 ほえ]
[06/14 ほえ]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川貯水池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]