忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802
今年の4月21,22日に
福島の三春ダムにて、20周年イベントの一環として
放流見学会が行われました。

……が、油断していたため……
事前登録せず、直下からの見学は出来ず……

でも行くんだい行くんだい!!

ってなわけで、
三春ダムだけを見学しに、日帰り福島です。


ナビに言われるまま、東北道須賀川ICで降りたのち
ノンビリ三春ダムへ向かいました。

ダムは駐車場から綺麗に整備されていて
ショッピングモールでもあるんじゃないか?ってくらいの小綺麗さ。
そこに受付のテントが設置されており、
「事前登録者」は受付をして見学場所へ……

キャンセル待ちとか……とか一瞬思いつつも、ダムカードとパンフだけ貰って
通常の見学へ……

で、いきなりお出迎えしてくれたのが

愛姫プリウス
痛車。

地元ゆかりの愛姫(めごひめ)だそうで、
数え年12歳で伊達政宗の正室になった人物だそうな。
詳細は調べてくださいまし。

愛姫プリウス
県内を走り回ったりしているんだろうか。

三春ダム(福島)
愛姫様も、領地の中にかように巨大な湖が出来るとは思いもよらなかったことでしょう。

三春ダム(福島)
こちら水道水の取水塔。どこかやはりモダンなデザイン?

三春ダム(福島)
堤体上流側より。やっぱしゲート有りの方が好きw
こちらの取水塔は、河川維持と小水力発電らしい。

三春ダム(福島)
もうすぐあのゲートが……(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

三春ダム(福島)
ダム湖百選っぽいが何か違うっぽい石碑。
左にポツンとあるのは「全建賞」。
全日本建設技術協会の賞らしいが、詳細は分からないので興味ある人はググってくださいw

三春ダム(福島)
天端はこんな感じ。

三春ダム(福島)
左岸よりは右岸の方が見やすかった気がする堤体下流。
多くの範囲が、石積み風化粧型枠になってるが
お城とかイメージしたのかしらん。

三春ダム(福島)
一応桜も。

三春ダム(福島)
下流の様子。
見学会参加組が、フーチングの階段を降りて下流に集まり始めている。
ああぁぁぁあぁうぅぅぅらやましぃぃぃ!!

三春ダム(福島)
あの橋から真っ正面を捉えたり、バルブ前辺りからド迫力で見たりするんだろうなぁぁぁ!!!
三春ダム(福島)
左岸に到着。うろうろ。
右岸には、もう一段高い場所にも見物ポイントがありそうなので
あとで行ってみよう。

とかやってる間に放流の時間が近づいて参りました。

三春ダム(福島)
ゲート上で待っていると、職員さんがチラリ。
もうそろそろかな?
でも放流するときサイレンとかあるよなぁ?

三春ダム(福島)
と思ったら、スルッと放流開始! 危うく撮り損ねるとこだったぜ。
職員さんがカメラっぽいもの構えてたから警戒してて正解。

三春ダム(福島)
左岸側へ移動。おお、出てる出てる!下にいる人羨ましい!

三春ダム(福島)
ちょいと移動し、全門放流する様子を。

動画とかも撮ったけど、まあとはいえここからでは地味なので……

三春ダム(福島)
一段高い広場へやってきました。
さくら湖が一望できます。天気も良くて爽快。

三春ダム(福島)
まあ、だからといってダムが見やすい訳ではないのは毎度のこと……
ちなみに、さらに高台があるのですが、ダムは全く見えない。

再び試験放流(という名の観光放流)があるのであれば
是非、事前申し込みを忘れないでしよう……と心に誓うのでありました。

三春ダム(福島)
通常版ダムカード。

三春ダム(福島)
20周年記念ダムカードはこちら。verが2.0だが、ver1.0より日付が古い。
ダム便覧にはver1.0(2013.02)の画像がある。
見たところ日付以外は変わってない。

さて、いつもならコレで終了なのですが、
この日はココ以外訪問せず帰るのみなので、ちょっと観光をば。

三春滝桜
さくら湖の逆サイドにある「三春の滝桜」。
樹齢は1000年以上、幹の外周が11mもある日本有数のしだれ桜!国の天然記念物!
見ての通り咲いていませんが!!咲いてたら人混みで近づけなかったさ!きっと……

この巨木は愛姫様もご覧になっていたハズです。
450年前なのでもう少し小さかったかもしれないけど……
そう考えると、ちょっとロマンチック?

三春滝桜の近くの桜
ちょいと小ぶりなさくらが綺麗に咲いていたので良しとします!


訪問日:2018.04.22

ダム諸元
名称:三春ダム(みはる)
形式:重力式コンクリート
目的:FNAWI
堤高:65.0m
堤頂長:174.0m
堤体積:195,000m3
堤頂標高:EL336.0m
サーチャージ水位:EL333.0m
常時満水位:EL326.0m
総貯水量:42,800,000m3
ダム湖:さくら湖
管理者:国土交通省
完成年:1998年

ダムカード有り

三春ダム管理所 三春まちづくり公社 wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ひ・・・日帰りっすか?
こんばんは。

ダムのために福島まで日帰りとは・・・
凄いですねぇ・・・その気力!(気迫?)
自分は別件で福島日帰りツアー(車)を行ったことがありますが・・・
「初!長距離高速」と言うこともあり、全てのSAにとまり、すげー時間がかかった思い出が・・・

痛車は置いといて・・・
なかなか素敵なダムですねぇ。壁が石垣風とはw
しかも駐車場もかなり綺麗に整備されてますねぇ。これでレストランがあれば・・・

事前登録をすれば更に凄い絵が取れていたのかと思うと・・・ちょっと悔やまれますね。残念・・・

しかし、桜が綺麗に咲いていて、しかも青空!まさにベストな状態ではないですか。
コレで満足・・・出来ないか^^;
ほえ| | 2018/06/22(Fri)01:14:51| 編集
Re:ひ・・・日帰りっすか?
よく訓練されているので(?)
福島日帰りくらいは余裕ですw
初めての遠出は、確か那須のあたりで、その時は自分も休み休み行きましたねぇ……

まあ、全体的には満足なんですが、
申し込みさえしていれば……!な気持ちがどうしてもつきまとってしまって。
ちなみに、PR館みたいなのがあって、そこでは軽食コーナーがあったりします。
【2018/06/23 12:19】
三春駒の三春?
石積風の型枠、良いですね~。
ダムが古くなればなるほど味が出そうな雰囲気。
他も綺麗に整備されているようで、天端なんかも良い感じですね。

放流は下から見れなかったのは残念ですが放流自体は見れたので…。とはいかないですね、その場に居たら絶対あそこに混ざりたーいと思いますから。
山名斯波| | 2018/06/25(Mon)22:37:48| 編集
Re:三春駒の三春?
~の三春のようですね。

20周年の割には綺麗で、
このまま良い感じに貫禄が出て欲しいですねぇ。

分かってたとはいえ、実際降りていく人を見ると……。
最近のダムイベントは倍率が高くていかんw
【2018/06/26 17:17】
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 14
16 18 21
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新記事
最新コメント
[09/22 ほえ]
[09/21 ほえ]
[09/20 ほえ]
[09/19 ほえ]
[09/16 ほえ]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川貯水池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

朝日小川ダム

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

舟川ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]