忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
宇奈月を見た後は、急いで大谷ダムへ。



黒部川を北陸自動車道の辺りまで戻ってから向かう感じに。
上流から細道を通ってくるルートもあるようだが、
ナビ任せにしたら下流からになった。どっちが良いのやら。

大谷ダム(富山)
そんなこんなで到着!
全く予定には無かった大谷ダム。

大谷ダム(富山)
アースダムってあまり期待してないのだけど
なかなかどうして、結構立派な場所です。
ダムカード配るだけはある。

大谷ダム(富山)
上流面。
天端脇に欄干代わりの岩があったりロックフィルっぽい。

大谷ダム(富山)
洪水吐きの呑口。結構複雑な形をしている。
(でも見に行かなかった……)

大谷ダム(富山)
下流面は……野っ原。
なんでも、ダム建設時に出来た残土を盛ってるらしい。
そのため、堤体下流面は地面の中にあり見ることは出来ない。
まあ、アースダムだし、これも堤体の一部と変わらない気もしないでは無い。

大谷ダム(富山)
傾斜が緩やかなため、公園が整備されていて、
ダムの下が見えない……っていうか、そもそもダムが見えないんだった。

大谷ダム(富山)
下流の広場まで降りてきました。洪水吐きからはサラサラと水が流れていた。

っていうか、それより気になるのは

大谷ダム(富山)
これですよねぇ……
タミヤRCカーグランプリを思い出してしまうような、
そんなラジコンサーキット。

大谷ダム(富山)
コース脇の雑草から放置されてるのかなぁ、と思うモノの
路面自体はちゃんとしているようにも見える。使ってるやら使ってないやら。
操縦者の為の足場?もある(が、これは結構錆び錆び)
なんか自由に解放されてるようだし、ラジコン趣味な人は練習し放題やな!

だんだんダムであることを忘れて、サーキットのある公園としか思えなくなったところで
ここも立つとしましょう。

さて、ここから(も)時間の勝負です。
この段階で朝日小川ダム・舟川ダム、そして大谷ダムのダムカードは
まだ貰っていないのですから、急いで入善土木事務所へ!



そりゃそりゃ急げ急げ。

入善土木事務所
17時ギリギリになりましたが、なんとか到着。
無事、ダムカードを入手するとともに、この日のダム巡りは終了となりました。

ここからアパホテル富山店まで国道8号を40km近く移動するのでありました……

大谷ダム(富山)
ここもSがあるね。

訪問日:2018.08.29

ダム諸元
名称:大谷ダム(おおたに)
形式:アース
目的:FNS
堤高:29.5m
堤頂長:168.0m
堤体積:299,000m3
堤頂標高:EL154.5m
サーチャージ水位:EL150.5m
常時満水位:EL149.5m
総貯水量:325,000m3
ダム湖:-
管理者:富山県
完成年:1998年

ダムカード有り

富山県のダム事業 ダム便覧

拍手[0回]

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
8 9 10 11 12
15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[10/15 山名斯波]
[10/15 ほえ]
[10/15 ほえ]
[10/09 山名斯波]
[10/07 ほえ]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川貯水池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]