忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
そんなこんなで深城ダムを出た私は、次のダム、広瀬ダムに向かいました。

位置は
http://www.dammaps.jp/?ll=35.839046,138.763611&z=11
こんな具合に、直線距離は近いのですが
山の上を越えるルートが無いので、一度市街地まで降りて迂回。

山を下りて、大月市甲州市を通過して、また山を登り始める。
途中、琴川ダムの看板発見。割りと近いし次に行く予定。

そのままどんどん埼玉との県境目指して北上していくと
何やら急に気温が下がってきました。明らかに…そう、寒い。
それに空もどんどん暗くなって行く……これは、、ダメかな…?

そしてついに、あと数キロというところでポツポツと雨が降り出しました。
山の天気は変わりやすいってね。
土砂降りじゃないのは幸いです。レインコート持ってきてないし。
ただ、荷物に関しては数日前に防水リュックを買ったので大丈夫。
ナビが使えなくなるとはいえ、もう琴川ダムも、帰りのインターチェンジの位置も分かってるし問題なし。
しかし、せめてタオルくらいは持ってくるべきだった。今後の教訓。

とりあえず、広瀬ダムまで突っ走り雨宿り。
雨量はあまり無いものの、雷がゴロゴロ。うーむ。
dam16_01.jpg
管理所でダムカードを貰いつつ様子見。
晴れ間も見えてはいるし、ちょっと粘ることに。

ややあって小雨になったので、ダムサイトを徘徊。
dam16_02.jpg
ヘルメット置いたら不気味な感じになった図。

dam16_03.jpg
洪水吐。

右岸には結構立派な(と言っても遊具とかはないが)公園が整備されている。
小さな池に金魚や鯉が飼われていました。
dam16_04.jpg
人工の滝とか藤棚とか、一段高くなった展望台とかがある。
あ、カメラ濡れるのいやなので携帯に変更。
晴れていたらすごく気持ちよさそうなのですが
原っぱに寝転ぶのはお勧めしない。鹿の糞が結構あるので。

dam16_05.jpg
展望台から堤体を眺める。
真っ正面がロックフィルの堤体、右に見えるのが洪水吐のゲート。

dam16_06.jpg
天端から下流(?)を。

雨もほぼ止んだので、その隙にさくっと下山。

雨が強くなるようだったらそのまま帰ろうかとも思ってましたが
ほんの少し走ったらすぐに日差しが戻ってきました。暑いくらいに。
極端だぜ、山梨。

道も凄い勢いで乾いているし、そのまま琴川ダムに向かうことにしましたとさ。

拍手[0回]

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[08/08 成瀬葉]
[08/05 成瀬葉]
[08/04 山名斯波]
[08/04 山名斯波]
[08/03 しばそ*]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]