忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
と言うわけで、富山遠征は
とうてい実現不可能なプランではありましたが、
富山県東部はおおよそ制覇出来たかな?といった結果になりました。

全日程を通して雨に祟られ、最終日も雨につきまとわれて……

で、どうやら太平洋側は雨が降っていないってなことだったので
さっさとR41を南下して……というルート。

そうなると、どうしても神通川沿いで……
丁度雨も小康状態になりー

立ち寄るよねー神二ダム。


駐車場と公衆トイレもあって、休憩場所になってる神二ダム。


北陸電力の発電用ダムです。


5年前来た時は、ダム巡り終盤で体力0で来たので
ちょっと写真撮って直ぐに立ち去りましたし、
「(次)立ち寄ることはないだろう」みたいなこと書いてますが
まんまと立ち寄りました。

そんな前回と違い今回は体力もありますし、
今は雨もほぼ上がったので天端にも行ってみます。


ダムを遠目に見ただけでは、絶対立入禁止だろうなぁ、と思ってしまう感じですが


普通に入れる。巻上機の裏の細い通路を歩いて行ける。

だが、この辺りでまたしても雨脚が強くなってきて
テンションだだ下がり。
それほど歩かず戻ってトイレ行って先を急ぐことに。


一応、ダム湖……湖っていうか……
神通川が太くなってる場所っていう感じ?w
バックウォーターでいいか。


この辺りを神通峡というらしい。
見ての通り下流には神三ダムがあるけど……晴れてたらねぇ……
まあ、神一ダムは是非寄りたいと思っていたので行くとして。


結局雨に負けた形でさっさと退散したのでした。

雨が降ってると防水コンデジになるのだが、やっぱりイマイチだな……
ああっ雨って碌なことがない!


訪問日:2018.08.31

ダム諸元
名称:神二ダム(じんに)
形式:重力式コンクリート
目的:P
堤高:40.0m
堤頂長:336.766m
堤体積:107,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:-
総貯水量:8,663,000m3
ダム湖:-
管理者:北陸電力
完成年:1953年

ダムカード無し

wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

PR
神三ダムから、国道41号に戻って南下を始めた直後に現れるのが
神二ダム。
神通川第二ダムの別名がある正式名称神二ダムだ。

 
これまた、なんとも味のある堤体ではないですか。
ずらっと並んだ9門のラジアルゲート。
右岸の端(写真左)に、少し小ぶりのゲートも見える。

 
コンクリートの隙間から、鉄さびか何かがしみ出してる跡など、歴史を感じさせる。

 
今まで見てきたダム達とはひと味違う造形もまた素敵だ。
ここもダムの上を歩いて渡ることが出来るのだが、今回もスルー。
神三よりはしっかりした通路になっているようだし、立ち寄った折には…
って普通立ち寄らないか。

拍手[0回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新記事
最新コメント
[12/01 ほえ]
[11/29 キッチンユキ湯涌温泉支店]
[11/23 ほえ]
[11/16 ほえ]
[11/10 ほえ]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川貯水池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]