忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
今回の写真は、
すべてセンサーのゴミが気になる出来になっております。


と、のっけから断っておこう。改めて。
さて、今回向かった場所は……


荒川貯水池・彩湖です。
改めて調べてみると、荒川調節池内の貯水池の名前が彩湖。
調節池は周囲や上流の公園も含み、洪水時にはそちらにも水を入れて
被害を抑える仕組みらしい。

さて、今回は電車で行ってきました。
晴れてて気持ち良かったこともあるし、
JRの浮間舟渡駅から5kmほど荒川沿いに歩くことに。


戸田競艇場が見えてきました。


その横にあった水門が気になったりならなかったり。もう病気です。
河川土木全般マニアにならないように気をつけよう。


はい、見えてきました。今度こそ荒川調節池のゲートです。
一つ下流の笹目橋付近の土手からの眺めです。


笹目橋から下流を眺める。うーん、気持ちいい。


ようやく近づいてきました。
このあたりは釣り人がイッパイ。


そばにあった送電線の鉄塔。いや、空がキレイだったもので、つい。


メインのゲート。こうしてみるとなんか立派なビルかなんかに見える。


こうして見るとやっぱただのローラーゲートなんですが。


最近銘板マニアにもなりつつある。それはそうと
プレートガーダ普通ローラゲート

普通…?


ゲートから上流を…というか彩湖を見る。


荒川第一調節池排水門。なんかかっこいいな。
ゲートっていうより門の方がいい気がしてきた。


門を別角度から。

まあ、ここは堪能したので、もう一つの目的地へ
彩湖に沿ってもうちと上流へ。


道中なぞのキノコが落ちてた。デカいが生えてたわけではない。


なんか工場もあった。
こういうのが人気あんだろ?ってことで撮ってみた。
ちっちゃいけど、丁度良い具合に月も見える。


ひとつ上流の幸魂大橋(さきたまおおはし)の下で湖岸まで下りてみました。
なにげに疲れました。


橋をくぐって土手を上れば
「彩湖自然学習センター」に到着です。


係の方に声をかければダムカードゲット完了!!

そして北戸田駅まで2キロほど歩いて帰ったのでありました。

訪問日2015.12.20


ダム諸元
名称:荒川貯水池
目的:FW
堤高:13.8m
堤頂長:145.7m
総貯水量:11,100,000m3
ダム湖:彩湖
管理者:国土交通省
完成年:1997年

ダムカード有り

wikipedia ダム便覧 戸田市公園緑地公社

拍手[3回]

PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[05/06 成瀬葉]
[04/30 成瀬葉]
[03/16 開店4スーシー胃之伍拾番]
[02/24 成瀬葉]
[02/15 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川調節池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

印旛沼

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
中部のダム
山梨/ 長野/ 岐阜/ 静岡/ 愛知

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]