忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
丸沼ダムから沼田方面、関越に抜ける方向に帰って来ると
途中に薗原ダム、平出ダムあたりがあります。

ま、少し寄り道になるんですけど。



両方とも行ったことありますが、
平出は夜に行くような場所じゃないので、薗原だけ立ち寄ってみました。

オカルト疑惑のある夜の薗原ですが、あまり気にせず。

薗原ダム(群馬)
日も落ちてしまったので、ガッツリ手摺りに固定しての一枚。

んで、興味本位で天端の向こうのトンネル方向へと向かうのですが…
というか、正面から捉えるにも向こうへ行かないと、なのですが。

薗原ダム(群馬)
天端へ進入するためには、管理所から(前述のではない)トンネルを通ります。
流石に、この光量で雑に撮ったらブレブレですな。

薗原ダム(群馬)
工事の看板がハロウィン仕様になっていた。
こんな所にお茶目さを出す工事会社は素敵だと思います。

で、いざ、天端方向へ、と思ったところで
こんな誰も来ないようなところに黄色いヘルメットを被ったオッチャンが。
しかも入れないようになっている。あれれ。

話を聞くと工事中で当分入れないとのこと。
という情報が去年末のことなので今は知らないが。

薗原ダム(群馬)
そんな感じで一応シャッターを押したものの、
まあ固定出来ませんしこんなもんです。

結局これしか見ることは出来ず撤収と相成りました。
今調べても工事の情報は得られませんでしたが、
薗原ダムが50周年だということは分かりましたw

薗原ダム(群馬)
2016年にダムカードをゲットすると、
この節水シールがついてくる。
貼ってるのと貼ってないのを選ばせてくれたが
普通のは持ってるので貼ってるのにしてみた。

下久保ダム行った時は、カードとシール別々にくれたっけなぁ。

訪問日:2016.11.13

拍手[1回]

PR
19日の奈良俣ダムの点検放流がどんなモノかはしらん。
でもなんか知らないが楽しみにしていたところ雨の予報。
(´・ω・`)ショボーン

とはいえ強行してやろうかしらん、等と考えつつ
群馬の上のほうのダムを色々調べていると

利根川ダム統合管理事務所
http://www.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/index.html

に、ダムライブ情報ってなページが。
突き進んでいくとリアルタイムの映像が見れたりします。
で、たまたま薗原ダムで放流してるのを発見。
連続して何日か放流してるようなので、
今日は天気いいし、奈良俣でガッカリする前に見に行ったる。

ってなわけで、ETCのテストも兼ねて出撃です。

とはいえ、ダム到着までは何もないですよ、はい。
所沢ICから入って途中2回休憩して沼田ICで降りる。
ETC便利すぎわろりん。ただ、高速代いくらかかってるか忘れそう。

薗原ダムに向かっている道中、平出ダム管理所ってな看板を見かける。
どうやら薗原ダムの下流にあるダムらしいが、ダムカード配ってないのでスルー。
あたしゃカード集めが目的であって、ダムマニアって訳じゃないのです。


建築物が何一つない山道をひた走っていると
急に立派な建物が登場。
dam07_01.jpg 薗原ダム管理支所だ。

横を見ればダムがもうあるのだが、まずはインターホン押して
「あのーダムカードを。あ、それともしよろしければパンフレットを」
ってなこと言ってみる。
パンフレットってダムの詳細が書いてあったりするやつ。
なんでそんなモノ貰うかっていうと、ダム好きには職員さんが優しくなるらしいからw
暫くして出てきた職員さんの手には、ダムカードと、何やらA4の紙数枚。
「パンフレット今きらしちゃってまして、コピーですみません」
とのこと。
ま、年に何冊も必要なさそうな冊子ですものね。増刷しないのも納得です。

ではいつものようにダムを見学。
dam07_02.jpg
うほー遠いんでアレですが、やっぱり迫力はあります。
例によって虹も出てます。
こんなに大袈裟に飛び散らせているのには理由がありまして
水の勢いを弱める為だったりします。
写真右がわに、ちょっと段差が見えると思いますが、あれが副ダム。
これも水の勢いを弱める為です。減勢工とか言われてまして
要するに、水の勢いが強すぎると川が掘られてしまって(洗掘)
環境の破壊や、ダム本体(堤体)の安全性を脅かすのを防ぐ意味があるそうです。
上の写真の放流している部分の上がスキーのジャンプ台みたいになってますが
あれも減勢工です。

ここ暫くで詰め込んだ知識の披露でしたw

dam07_03.jpg 堤体。

最初にライブ映像を見たときはクレスト(上部の)ゲートから放流してたんだけどなぁ。
ちょいちょいダム用語突っ込んできますよ。

ここで思い出す。
自分も写真に入れてみる。
dam07_04.jpg何かうまくいかない。ダムも見えてないし。
1人で頑張るのは難しい。

ほんとのマニアはダム湖を一周したり、取水するとこを見学したり、
それはそれはマニアックな楽しみ方をなさるそうですが
私はまだまだ甘ちゃんなので、ベタに堤体の真っ正面から見たい。
例の職員さんに良いとこないか尋ねたら、反対側の岸を指さし、
「あそこのガードレール見えます?あの辺りからですかねぇ」
遠いよ。
行くけど。

dam07_05.jpg 薗原湖。桜の季節は良いらしい。
なんでも、いつもはもっと濁ってるそうだ。
放流も四日目だそうで、そのせいで大分澄んできたそうな。

…お気づきかも知れないが、職員さんに結構よくしてもらってるwパンフ効果?

dam07_06.jpg 天端(てんば:堤体の上)を渡りきってトンネルへ。

トンネルを黙々と歩く。見ての通り歩道がほぼ無いので車くると怖い。
ま、そんなに交通量無いですけどね。
トンネルを抜けると慰霊碑がある、らしい。気付かなかった。
調べると、心霊スポット的に言われているが、古いダムに慰霊碑はそんな珍しくない。そもそも真っ昼間。

dam07_07.jpg やっと到着。
この距離歩くんならバイクで移動すれば良かった。
てゆーかピンぼけしてる。カメラの技術も上げたいわい。

で、また職員情報。
この放流をしてるハウエルバンガーバルブってのですが
ここのHVバルブの8割ほどの力でもって放流してるそうです。
結構いっぱいいっぱい。

ふむ……

……ってことは……
 


平出ダムに到着w
dam08_01.jpgdam08_03.jpg







でてーらでてーら。水でてーら!

そりゃ、上流でじゃんじゃん出してりゃ下流もこうなりますわな。

dam08_02.jpg 天端は軽自動車でギリなサイズ。何か怖いぜ。

しかし。。
ダムカード収集から逸脱傾向。まずい。

日本全国のダム数。2800基
全制覇した人物は、まだ存在しない。


なんてことはさておき、予定があるので19時までに都心に戻らなくてはいけないにしても
まだ時間があった私は記憶を探りつつ(薗原しか調べてきてない)次のダムへ向かったのです。

 

 

拍手[0回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 17
20 21 22 23 24 25
26 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新記事
最新コメント
[03/20 山名斯波]
[03/20 山名斯波]
[03/16 山名斯波]
[03/15 山名斯波]
[03/14 冬蘭]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
北海道・東北のダム
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

羽布ダム
近畿のダム
三重/ 滋賀/ 京都/ 大阪/ 兵庫/
奈良/ 和歌山

三重県

西米の川ダム

京都府

天ヶ瀬ダム

大正池

高山ダム

大阪府

狭山池ダム

兵庫県

布引五本松ダム

奈良県

上津ダム

布目ダム

和歌山県

小匠ダム

七川ダム

島ノ瀬ダム

椿山ダム

殿山ダム

広川ダム

二川ダム

山田ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]