忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
というわけで、天端と同じ高さにやってきました。

何度も訪れたことのある矢木沢ダムなので
どこに何があるか、それは分かっているのですが
一面雪景色で、全く様相が違う。

矢木沢ダム(群馬)
これが非常用洪水吐の放水路。
ボブスレーとか出来そうな様相。

矢木沢ダム(群馬)
洪水吐ゲート上もこんな感じ。
雪のせいで色々見えない。

矢木沢ダム(群馬)
奥利根湖の様子。結氷していて一面真っ白だ。

矢木沢ダム(群馬)
そして抜けるような青空。おら幸せだ。

矢木沢ダム(群馬)
天端の様子。
天端より少し高い位置からの写真になっているが、雪の上だから。
通常はこんなアングルはあり得ない。

矢木沢ダム(群馬)
下流面。端の方はキャットウォークにも雪がこんもりと。

矢木沢ダム(群馬)
堤体直下の内部は撮影禁止だった発電所。
こんなに雪積もってても問題ないもんなんですねぇ。

矢木沢ダム(群馬)
天端上を進んで行く見学会参加者。
天端中央付近のエレベータ棟までは除雪、というか通路が作られている。

矢木沢ダム(群馬)
その先はこんな感じで、到底進める状態ではない。
でも何名かはこの上を結構歩いて行ってた。

どろーん
そんな様子をドローンで撮影されていたりするのですが。
後日、ドローンからの撮影映像や、集合写真なんかも記念品としていただきました。

矢木沢ダム(群馬)
後になって思ったのは、この欄干、おそらく140cm程度はあって安全なのですが
よく考えると、殆どノーガードで100メートルの落下出来るという大変危険な状況。
もちろん、十分な注意喚起がありみんな安全には気をつけていました。

矢木沢ダム(群馬)
そこから見る下流も素晴らしい雪景色。
ああもう、何もかも素晴らしい。

矢木沢ダム(群馬)
集合写真を撮った後、撤収です。
名残惜しいですが、奈良俣ダムも待ってますしね。

矢木沢ダム(群馬)
ちょっとキャットウォークも歩きたかったなぁ…

矢木沢ダム(群馬)
さあ、次は奈良俣だ!

拍手[1回]

PR
須田貝ダムを出た一行は
管理用道路を進んで矢木沢ダムへ。

矢木沢ダム(群馬)
窓から見えるのは結氷した須田貝ダム湖「洞元湖」。
氷の表面に現れる模様を、氷紋と言うらしい。

矢木沢ダム(群馬)
放流を見物したりする下流に架かる橋の辺りで車を降りる面々。

矢木沢ダム(群馬)
遠くに見える矢木沢の堤体。
これからあそこに行くわけだ。いやぁ楽しみじゃ。

矢木沢ダム(群馬)
テレビクルーの方々もゾロゾロ。

矢木沢ダム(群馬)
橋の上にも雪の塊が。

矢木沢ダム(群馬)
あの豪快な放流を見せる洪水吐も、雪がでろーんと。

矢木沢ダム(群馬)
そして某所。場所をお伝えすることは出来ません。
雪中行軍する訳にはいかないので、冬期は地下を進みます。

数百メートル進み、途中絶対撮影禁止の発電所を通過しつつ堤体へ。

矢木沢ダム(群馬)
一般人が入ることの無い場所ですが、こういう図面も。
職員さんもこういうの無かったら迷子になるのだろうか。

矢木沢ダム(群馬)
エレベータで上ったり……

矢木沢ダム(群馬)
アーチと分かる監査廊を歩き……

ああそうそう
矢木沢ダム(群馬)
監査廊の壁を見ると、コンクリート打つ時の型枠に使った木材の筋が見える。
何だか歴史を感じさせる。

矢木沢ダム(群馬)
でまあ、更に更に突き進んで、いよいよ外へ……

矢木沢ダム(群馬)
ダムの脇へ出た-!ってダムどこー!

つづく

拍手[1回]

5月の中旬…



毎年恒例になりつつある矢木沢汁かぶりの儀式を行いました。



矢木沢ダム(群馬)

嵐の前の静けさ?

今年は好天に恵まれました。



矢木沢ダム(群馬)

今年も矢木沢詣に沢山訪れていました。

管理道路への駐車も今年もキロメートル単位で出来たようです。

バイクだと前の方まで行って良いと言われますが、先頭付近に来ても誘導はされません。

結局車の間の間隔の広いとこにお邪魔します。



矢木沢ダム(群馬)

今年を象徴しているドローンを使う際の諸注意。

昨今は禁止傾向のあるドローンを(範囲限定だけど)許可するなんて太っ腹。



あと、この張り紙で

矢木沢ダムがアーチ・重力式・フィルの複合ダムであることが

分かりやすく書いてある。



矢木沢ダム(群馬)

そうこうしている間に放流開始!

一年間の汚れのせいで、最初は真っ黒な泥水が出てくる。



矢木沢ダム(群馬)

撮影者たち。

その前に雪が残っているのが分かる。



10分ごとに流量が増えていくのでMAXになるころに移動。



矢木沢ダム(群馬)

うへぇぇぇ!!

今年も矢木沢汁を全身にたっぷりと。

相変わらず南国のスコール状態で、みんなビチョビチョだ。

雨合羽装備は賢明だとは思うが、どの程度防げているのか。



矢木沢ダム(群馬)

今年は放流が終わったころに上に来てみた。

一年ぶりのぐんまちゃんとのツーショット。

彼は今年も元気です。



矢木沢ダム(群馬)

天気が良いのでダムも綺麗に見える。



矢木沢ダム(群馬)

直下を見下ろしてみる。

やっぱアーチは覗きこむの怖いのであった。



矢木沢ダム(群馬)

そんな快晴の矢木沢ダムでした。



訪問日:2015/05/17



拍手[3回]

利根川最上流のダム群に来た理由。
それは言わずもがな、去年中止になって見られなかった
矢木沢ダムの試験放流を見るため。

ってなわけで、予定時間より1時間以上前に到着。
見ての通り天候は回復気味。ありがたい!


しかし既に、矢木沢ダム管理道路兼臨時駐車場?には大量の車が。
バイクだからとめる場所には困らないだろう、と思っていたらとんでもない。


すでに三脚による場所取りなど大量に。
1時間15分前ですが皆さん臨戦態勢?

 
あそこが今日のイベント会場。
矢木沢ダムの放流口。スキージャンプ式ってやつです。
理屈としては、水の勢いを弱めるために、空中にぶん投げる…訳だが…

 
ちなみに、ダム堤体自体は遠くに見えるアレ。
この後、あそこまで歩いて行くわけです。…結構あるな。

 
近づいてみるとそこそこ大きい。

 
もうすぐここから……くくく。

 
時間があるので歩いてダムまで行きました。

 
歩くこと20分程度かな? 場所によってはまだ雪の残るダムサイトに到着。

 
ダム湖・奥利根湖は壮観…だと思うのだけれど、こちらは雲がまだまだ厚く…

 
これから放流するゲート。漂流物が一杯になってて、見た目綺麗とは言いがたいw

 
ゲートを通過した湖水はこの導水路を流れ落ち
バンクのついたカーブを曲がって空中へ。

 
アーチ部分の天端。

 
雲め…

 
天端の反対側まで歩いてきたころに、ようやく青空の割合が増えて参りました。

 
左岸側からの矢木沢ダムのアーチ部の堤体!
うーん、相変わらず格好いいダムだ!
堤高131mもある立派なアーチダム。

 
下流の眺め。まだまだ雲が多いが贅沢は言えない。

 
見学者もどんどん増えております。

 
ここでも発見。
セキレイ~PureEngagement~。
リーズ構成・脚本吉岡たかを先生。
成瀬葉さんのコメントで完璧に覚えましたw


放流まであと僅か、なゲート上!見物人が多くなって参りました!

そして例の空襲警報ばりのサイレンが鳴り響き、といっても
放流口のあたりで鳴らしてると思うのでここからはちょっとしか聞こえないが…
ゲートを巻き上げるモーターの音が!

 
どざぁぁぁぁ!!!
放流が始まりました。

 
導水路のゴミなどを巻き込んで湖水が流れていく。
これから徐々に水量を多くしていき10時40分ごろにMAXになるという。
今から歩いていけばちょうど良いかな。

と、ここで天端にまさかの来訪者。

 
群馬県のマスコットキャラクターぐんまちゃん!
2年連続ゆるきゃらグランプリ第3位!

今年は1位を狙い群馬最深部のダムで広報活動!
いいのかそれで!グランプリのさのまるに勝てるのか!


でもまあ記念撮影w うむ、覚えていたら投票してあげよう。

 
さあ、水と共に山を下るよぅ。


でまあ下ってくると、この人だかり!!
屋台があっても驚かないレベルのお祭り騒ぎ。

 
おお、出てる出てる!

 
まさに人工の滝!壮観壮観。
しかし、これで喜んでいた自分がおろかだった。

 
ついに本気になる矢木沢ダム!

 
とか言ってる場合じゃ無い!
急に見学人にスコールが襲いかかる!

 
みんな雨合羽とか傘とか準備がいい!
写真じゃ分かりにくいと思いますが、夕立ばりに水が降り注いでくる!
まさにびしょ濡れ!カメラを守るので精一杯!

  
スタート地点に戻ってきました。もうもうと水煙が上がって放流口が見えない。
どれくらい濡れるかというと

 
この写真なら分かって貰えるんじゃないだろうか。

 
そんな、びしょ濡れアトラクション・矢木沢から私、西垣がお届けしました。


ダム諸元
名称:矢木沢ダム(やぎさわ)
形式:重力式コンクリート
目的:FNAWP
堤高:131,0m
堤頂長:352,0m
堤体積:571,000m3
総貯水量:204,300,000m3
ダム湖:奥利根湖
管理者:水資源機構
完成年:1967年

ダムカード有り

wikipedia ダム便覧 水資源機構

拍手[0回]

ダム勤務経験のある友人から
「奈良俣ダム行ったでしょ?」
ってメールが来た。行ったけどなじぇ?と聞くと
「テレビに映ってたよ。どアップで」
とのこと。
あのダムマニアの撮影機材の一つがテレビ局だったとは。しかもキー局。
うーん、あほ面してるところじゃなければいいのだが…


と、言うわけで、奈良俣ダムを後にして、割りと近くにある、
これまた日本でも有数のダム、矢木沢ダムへ。
http://www.dammaps.jp/?ll=36.873697,139.057829&z=12

今回回ったダムの位置関係。

距離は大したことないのですが、
道のうねり具合がかなり厳しくなってきました。
まさか2速を使うことになろうとは。
ま、アメリカンなバイクで来ているNにはかなり厳しそうでした。
バンクできない、低速トルクが無い、と山道には大凡向かないバイクですな。

dam11_01.jpg

駐車場に適当にバイクとめて、まずはカードを頂きに。
ちなみに、ここ、売店とかありません(資料館はあるが)が駐車場はほぼ満車。
たぶんダム湖でのレジャーと思われますが、湖上に人陰は無く…かといってダムサイトにも人は少なく…
車の量の割りに人が少ない謎状態でした。

写真を見て貰えば分かると思いますが、段々曇ってきてます。
もともと降水確率60%まで上昇した日ですからね・・・

dam11_02.jpg

管理所の裏手からダムを撮影。
コンクリートの色が変わってるとこまで水があれば
本来なら試験放流をしたはずだったんだよなぁ・・・

dam11_03.jpg

アーチダムを見るのは初めて。
三次元的曲線で何とも言えない存在感。
あと、覗きこんだ時の怖さが重力式コンクリートダムと何か違う。
20mは高いはずの宮ヶ瀬ダムより何か怖い。
ちなみに、このアーチ部分にゲートは無く、
放流は別にあるゲートから行われる。

アーチの下にあるのは発電所で
ぶーーーーん・・・という低周波音を鳴り響かせていた。

dam11_04.jpg
物思いにふける体を装うC2G。
いや、何となく…

天端をずーっと奥まで歩いて行くと
dam11_05.jpg
まだ残ってる雪で遊ぶ子供達。
そうです、ここにも家族連れが。我々はダム家族と呼ぶことにしました(?)

ちなみに矢木沢ダム。利根川最上流部と言っても過言では無いので
ダム湖の周りに道があったりしません。ただの原生林。

さて、おおよそダムを満喫したことですし
例によって(?)、真っ正面から写真は撮れないものか?
下流の様子は

dam11_06.jpg
矢印がついてる場所くらいしかありません。
その橋の手前の道路は発電所の敷地で入れないのです。
あそこから望遠で撮ってみることに。。

dam11_07.jpg
うーん、なんだろう、この撮った甲斐の無い写真は。
最後の最後で若干残念な気持ちになりつつ矢木沢を後にするのでした。

さて、ダムカード的には次は藤原ダムなのですが、
上の位置関係のリンク先を見て貰えれば分かるように
その道の途中に須田貝ダムというのがあります。
ついでに見ておこうってわけで

dam12_01.jpg

須田貝ダムも発電所がどーんと邪魔(?)をして良いアングルから狙えません。

dam12_02.jpg

望遠など駆使してこんなんなりました。
うーむ、なんか残念だなぁと走っていると
道の途中で、例のダム家族が車を止めているではありませんか。
なんだろう?と思いつつ通り過ぎましたが
後から思えば、あの場所こそがベストポジションだったっぽいのです。
一家総出でダム見学してるだけあります。恐るべし。

ちなみに、この須田貝ダムと矢木沢ダム。
ふたつのダムの標高差を使って、震災後の電力不足の時話題になった
揚水発電をしてます。
夜の余った電力を使って水をくみ上げ、昼間は流して発電ってアレです。
まあ、そんなに珍しいことでは無いのですけど、折角なので(?)書いてみました。

ってわけで、ますます雲行きが怪しくなってますが
最後の目的地藤原ダムへ進んだのでした…

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
10 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新記事
最新コメント
[07/12 山名斯波]
[07/12 山名斯波]
[07/10 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
北海道・東北のダム
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]