忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
さて、いよいよイベントの方です。
ダム好きの猛者達って感じばかりでも無かったですが
10倍とも言われる倍率を勝ち抜いた15名が
駅長室前に集合し、早速、関係者以外立入禁止の区域へ案内される。

そこで関電のヘルメットの着用し、空港ばりのボディーチェックを経て
まずはスライドを使った説明会。

説明会なら会議室のようなとこでも。。と思うのですが
洞窟のような、岩盤くりぬいて作りました-!的なところで行われる。
天井から雫がぽたぽた。

ザックリとした説明を終わったところで移動。
トロリーバスが居ないことを確認し、少しトンネル内を移動すると
エレベーターが。
エレベーター自体は妙に新しそうだったが、エレベーターホール(?)は
コンクリート内のカルシウム分が溶け出して鍾乳洞のよう。

結露で一面濡れているエレベーターで一気に地下60mへ。
堤高186mなことを考えれば、それほど深く潜った訳ではないが。

いよいよ監査廊だ。
 
事前に上着を持ってきてくれ、と言われていただけあった
寒くはないが、かなり涼しい。気持ちいい。
ちなみにここは、まだ堤体ではなくて、岩盤の中。

ここを職員の人に連れられてしばらく歩くと、
 
ロックテストの跡地へ。ダムを作るに当たって、岩盤の強度は重要な要素。
詳細はwikipediaさんに任せるとして、
岩盤の強度不足により決壊して大被害を出した事故が当時あり
出資者の世界銀行さんが徹底的に調べてーって言ってきたらしい。

 
そのロックテストの跡の一つを見せてもらいました。
この四角いテスト用のコンクリートブロックを、岩盤に押しつけるんです。
アーチダムなので、横の岩盤に斜めに力が加わります。
その時、基礎岩盤とダム堤体が、ずるっと滑っては話になりません。
そんな感じのことを調べた場所らしいです。

かくして黒部ダムは、単純なアーチダムではなく、ウィング付きのアーチダムになったのでした。
※アーチ部分の両脇が直角に曲がって真っ直ぐになってる所。
※あの真っ直ぐのところがウィングで重力式コンクリートダムになります。

もとの道に戻り、またテクテク歩いていると…
いよいよ、岩盤から堤体に入るとのこと。ぱっと見はよく分かりませんが。
 
覗き窓のようなんがついてました。右が岩盤で左が堤体だそうです。

 
これはダムの動きを計る装置です。
貯水量やもろもろの影響で、ダムは年間で10cm程度行ったり来たり、動いている。
こういう装置が、ダムのあちこちについていて、常に状態を監視している。

 
しかし本当に迷路のよう。軽く迷子になれそうです。
あのコンクリートの塊の中にこんなにも通路が通っているんですねぇ。。

 
若干カーブしはじめた。アーチの中でしょうかね。

 
おっ、出口だ。職員さんも呼んでいるようです。
ここは天然(?)のクーラーで冷えてますが、外は…

 
暑くなーい!!
ってかなんだこりゃー!!

HBバルブの間に出てきました!凄まじい状態です。

 
初キャットウォーク体験は黒部になりました。
いやいや、カメラに水がががっひぃぃ。

 
一般の観光客の諸君、見えてますか-?

 
オーバーハングしてる様子がよく分かる…かどうか。
とにかく凄いところに立っているのは間違いない。

怖そう、と思う人も居るかもしれませんが、
下は水しぶきで全く見えてないので、高さは実は感じていないという。

いやぁ、凄いとこ見られて満足満足、というわけで見学会は終わったのでした。

そうそう、もちろん、50周年記念限定ダムカードも頂きました。
 
シリアルナンバー入り。777の人がちょっと羨ましいぜ。

もちろん、STP用に、とお土産も買ってみたんですが…
 
黒部のダムダム君
賞味期限の短さと、STP的裏事情で、ちょっと無理かな、と判断して
収録現場へ持って行っちゃいました。で俺くえねーでやんの。

そんなわけで、12時半過ぎに黒部ダム見学イベントも終了したのでした。

拍手[1回]

PR

さあっ! やってまいりました。
黒部ダムの長野側の玄関口、扇沢駅です!
バイクは駐車無料です。ありがたい。
けど、屋根が欲しいです。この炎天下に放置は。。
まあでも、前日まで曇天だったらしいことを考えると、有り難い程の晴天!

 
こんなトロリーバスで黒部ダムを目指します。往復で2500円なり。
しっかし観光客の多いこと多いこと。ツアーの団体さんやらなんやら。
バイクのメッシュジャケット着込んでる異様な人は私だけです。
9時のバスに危うく乗れないかと心配するほど。そう、まだ9時です。

やがて、ノンビリとバスが出発。
北アルプスの綺麗な山々の……地中を黙々と進みます。
まあ、涼しくて良いんですけどね。

道中、黒部ダムの歴史のアナウンスが流れ、
「黒部の太陽」で問題になった破砕帯とかを通過しつつ

15分ほどで黒部ダム駅に到着。

ダム見学会は10時20分に駅長室前に集合。ということは1時間ほど余裕がある。
その一時間で、通常のダム見学を済ませようって計画です。

まず最初に展望台へ上がるか堤体へ直接向かうかの2択ですが
どう考えても展望台経由の堤体行きが効率的。

だが、この展望台、階段200段以上。
「無理せずゆっくり休みながら」などという観光客向けへのアナウンスを無視し
一気に登り切る。七倉ダム登りでクタクタになっている足が再び悲鳴を上げる。

 
登り切ったぁぁぁ!!どどーん。
おお、パンフレットで見たことあるよ!この絵面!
この景色見たら足の疲れも一気に、、、吹き飛びはしない。
一通り堪能したら、今度は展望台を下りて行く。

 
ちょっとローアングルから。自由越流式の非常用洪水吐が見やすい。
ダムに晴天はよく似合う。

 
ハウエルバンガーバルブからの放流。
豊平峡は1立方メートル秒でしたが、ここでは10立方メートル秒以上。

 
天端から下流を望む。
黒部第四発電所で黒四ダムなんて言われたりもする黒部ダムですが
発電所自体は遙か5km以上下流。地下の導水管で繋がれている。

 
右岸にあるインクライン。この辺りから取水してるらしい。発電所も含めて全て地下。

 
黒部湖を望む。遊覧船は乗りません。時間がアレなんで。
しっかし遊びに来てるのに何でこんなに時間に追われにゃならんのだって気にもなってきた。

 
左岸からの眺め。右岸も左岸も、徹底的にコンクリートで固めている感じ。
さて、一通り見たかな?
ってわけで、右岸にあるレストハウスへ。

ここの売店で、通常版のダムカードを貰うのを忘れてはならない。
トロリーバスのチケットを見せて簡単なアンケートに答えると貰える。
自分以外には誰も貰っていないようだが。。

10時を回って腹も減った。ゆっくりする時間は無いが飯を食う!
 
黒部ダムカレー。1000円。
ご飯がアーチ式でルーを堰き止めている。
ルーの色が緑系なのはダム湖の色を忠実に再現しているのだろうか。
その他のトッピングも出来れば、こう、ダム的な…いや何でもないです。

 
窓際の席で食べると、目の前にはダムとアルプスの山々。うむ、きれい。
あ、カレーはちょっと辛め(個人的には適正)ですが美味しかったです。

では、駅に戻るとしますか。。

 
171人もの殉職者を出した黒部ダム建設。その慰霊碑。
光が差し込んできて、どこか神々しい。

 
そして献花台。

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
10 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新記事
最新コメント
[07/12 山名斯波]
[07/12 山名斯波]
[07/10 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
[06/24 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
北海道・東北のダム
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]