忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14
さて、二日目。
岳ダム……じゃない岳温泉の宿を出た我々はー
高速ではなく下道、国道49号を南下し、
あぶくま高原道路を超えたあたりでr42を北上すると
そのまま着きます。


というわけで、
逆サイドに着いてしまいました。

まあ、いいか。

天端をバイクで通行してよいのか分からなかったので
右岸にもあった駐車場にバイクを駐めて見学開始。
正直、この感じの右岸にも駐車場があること自体が驚きです。


とりあえず一枚。
水位標に「SWL(サーチャージ水位)」の表示があるのは初めて見た気がする。


右岸から見られる景色はこんなもんかな。


という訳で天端を渡っていきます。


左右非対称な減勢工。


で、こっちがダム湖・こまち湖。


左岸は石碑も。


上流から見たこまちダム。


左岸のほうはこんな感じ。越流堤とか全部右岸。

で、この少し下流の斜面を降りていく道っていうか……があって


ここまで降りられる。
写真もバッチリ!
「テロ対策重点警戒中」の文字が物々しいですが…




訪問日:2019.04.08

ダム諸元
名称:こまちダム(こまち)
形式:重力式コンクリート
目的:FNW
堤高:37.0m
堤頂長:150.0m
堤体積:33,600m3
堤頂標高:EL485.0m
サーチャージ水位:EL481.5m
常時満水位:EL479.0m
総貯水量:772,000m3
ダム湖:こまち湖
管理者:福島県
完成年:2007年

ダムカード有り

福島県 wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

PR
さて、岳温泉の櫟平ホテルにチェックインした後は
飯&温泉では無く……

岳ダムです。

ホテルから桜坂を登って100mかそこそこ歩くともう到着です。


見えてきましたダム。


温泉街にあるダムですからしっかり観光仕様!
…と思いきや…んむむ。色あせた看板……

まあ、正直なとこいうと岳温泉も寂れた感じではありますが…


ダムカードがあるわけではないのでノンビリ来ました。
管理所の横、天端へ続くところにはチェーンが。
あれれ、天端行けないのか…?
時間の問題だろうか…


ダムの脇からも堤体を。

で、もうここしか行けないので終わりかー


で、ちょっと引くと…
下流への道があるものの、こちらもチェーンがあって……


立入禁止………ではない様子。
昭和57年とは書いてあるが看板自体はどう見ても新しいので
現在も徒歩なら散策してもいいんだろう。

てな訳で侵入。


中に入るといきなりの……
Welcome法面崩壊。なかなかインパクトがあります。


右岸下流側に公園がありました。


そこには岳ダムの石碑が!恐らく人はあまり来なくなっただろうこの場所に!


眺めは中々良い。あのチェーンを越えて良かった。


堤体にもグッと近づける。
よく考えると、堤体の脇からスロープで下流に来れるってのは
割と珍しい構造をしている気がする。

さて、この広場はこんなもので……

さて帰るか…とも思ったのだが…

地図を見ると、道は下流まで続いて、川を渡って左岸に向かえる模様。
ダム便覧のフォトライブラリーには左岸からの写真もあるので
何かが見られるんじゃないかと向かってみることに。

しかし、広場から更に下流に行く道は……


中々ハードな道のりの気も……しつつ……


昭和57年から、恐らくまともなメンテナンスはされてないんでしょう。
道路脇は崩れ落ちている場所も……

気をつけつつも進むと……


んむむむ………引き返すか……?とも思ったものの……

進みます!


何年にもわたる落ち葉などで、もはや路面は見えない。
地面はふかふか。ずるずる。

こんな道がしばらく続き、あ、途中ガードレールもどっか見えなくなったり。

へこたれそうになったころに……


ようやく橋に辿りついた!

橋を渡ると……逆側の岸の道は車も通って良い道で、
この橋までが歩行者道路でした。

あとは、普通の道を遡って行くだけです。

……でもまあ、何か予感はありますよねぇ。あれの。


立入禁止。

やっぱりなぁぁぁぁ。

広場を出てここまで歩くこと約40分

こういうこともあるよね!!!

でもだからといって立入禁止には入らない。それがダムマニア。


なんとか木々の隙間から堤体を撮って終了。

さあ、40分歩くぞーー!!夕食に間に合わなくなるし。


でまあ、こんなとこを戻りつつ、帰りは違うモノが目にとまり始める。


誰も見ることなくなった交通標識。
こういう朽ちた標識、なんか好きなんだよねぇ…

なんでこんな黒くなってんだか。


約90分のトレッキングを文句一つ言わず来てくれたゆきてぃ。


カーブミラーだったやつ。
…んー、やっぱ標識の方がいいなぁ(謎)


こういうのこういうの。
まだ朽ち方が足りないけど。


しかし…ここ、そのうち本当に立入禁止になりそうやね……


もう落石うんぬんじゃないレベルですなぁ。

ってなわけで、無事に広場までもどりまして…


んー、改めて見ると、ここも大概ヒドい状態だね……


そんなスリル満点?岳ダムでした!!


★えー、ただいま入った情報によりますと
 2019.04.19から非公式ダムカードの配布が始まったとか始まってないとか。

 えーーーーーーーーーーー


訪問日:2019.04.07

ダム諸元
名称:岳ダム(だけ)
形式:重力式コンクリート
目的:FA
堤高:60.0m
堤頂長:215.0m
堤体積:127,000m3
堤頂標高:EL470.0m
サーチャージ水位:EL465.4m
常時満水位:EL461.0m
総貯水量:1,100,000m3
ダム湖:-
管理者:福島県
完成年:1979年

ダムカード無し(有り?

wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

さて、そんな訳で三春ダムを出た我々は
一泊目のお宿がある「岳温泉」に向かうわけですが、
悲しいことに、大本命にしていた岳温泉の桜坂は
「咲く気配は全く無い」ということだけは確定している。

そこで、時間もまだ余ってることだし…っと
スマホでこの地域の桜開花情報を調べてみると…

なんだか見頃の場所もあるようです。
ってことで寄り道することにしました。

二本松市の中心地…だと思う二本松駅の程近く、

鏡石寺


おおっ。咲いてる咲いてる。






見事に咲いておりました!
桜成分をこれで補充です!

でもコレだけじゃ足りないぜ!

ってわけで、すぐ近くにある蓮華寺へ!




ここもまた素敵!!

まだまだ行くぜ!!

今度は二本松駅より南側に出て
茶園の桜! 茶園は地名ね。




これまたお見事!!

ふー、満足したぜ。
時間も丁度良いし岳温泉に向かいます。


今日のお宿はここ。リーズナブルだけどとっても素敵だった!

この隣に伊東園のホテルがあるが……伊東園は、ねぇ。


左に見えるのが伊東園のホテル。
両ホテルが囲むように池があって、桜も植えてある。あるんだが。


そしてこれが桜坂!
桜坂なんだ!!


咲く気がない。
ここも一応二本松市なんですけどね。
二本松駅から10kmも無いと思うんですけどね。
こうも違うものか……桜は気難しい……

訪問日:2019.04.07

拍手[0回]

春の桜ダム巡り初日。

この日の当初の予定は、自分にしては珍しく
藤沼ダムのあと宿へチェックインと
いつもの、初日の猛烈なダム巡りを封印し
疲れすぎない旅程にしていた……のですが、

どうもこのままではチェックイン時間まで
時間が余りすぎる……ということで、
二日目も行くかどうか悩んでいた三春ダムへ寄ることに。

まあ、いつものいらない奴をどうぞ。



こんな感じでダム到着です。
動画の開始時点から「滝桜」の看板が何度も出てくるほど
三春ダム、というかダム湖の逆サイドにある滝桜が有名な場所です。

が、今回はおまけなので滝桜なんて寄りません。
寄りませんというか、正直真ん前通ったんですが
ちぃーとも咲いておりませんでしたw

天皇陛下御在位三十年記念ダムカードを貰ってからサラッと見学。


上流。


下流面。一年ぶり~元気~


ダムサイトには桜も。咲きかけ!おしい!

…この時、滝桜…もしかして?と期待したもんでした…ええ。


ダム案内看板。結構細かく書いてある。


展望台に、ここにもあった!ダムカードパネル。
しかし、このパネル…なんだか…


作りがしっかりしている!
このGの金属部品つくったんかな…

……と、見学をサラッとし、売店(ダムカードもらえるところ)で小休憩し
そく発つのでありました。



訪問日:2019.04.07

拍手[0回]

なかなかリアルタイムに追いつかない
筆無精な私です。

さて、ここからは2019年4月頭に行った桜ダム巡りでございます。
桜ダム巡りと勝手に言ってますが、桜の咲いているダムってことではなく
桜も見たい、ダムも見たい、両方見えたら幸せ!って感じです。

ここ数年関西方面に桜を求めていた気がするので
今回はちょっと気分を変えて北へ向かいます。
あまり北に行きすぎると積雪が怖いんですがね。

そんな今回最初に向かったのは福島県の藤沼ダム。

藤沼ダムは東日本大震災で唯一決壊したダムです。
震災が、それこそ未曾有の大災害となってしまったので、
相対的に小さな扱いになったのも仕方ないのですが、
ダムの決壊により、下流地域で犠牲者も出てしまいました。
当時の自分はダムに興味を持っていなかったので全く知りませんでしたが
その後、ダム巡りを始めるようになってからその存在を知り、
大変ショックを受けたのを覚えています。
それ以来、一度行かなきゃいけないような気がしていました。
「なんで?」って聞かれても困ってしまいますが…

復旧工事が行われ2017年にダムとして再び働き始めた藤沼ダムですが、
その周回道路の一部は通行止めが続いていました。
それが、2019年3月1日にようやく解除されたのです。

ようやく藤沼ダムに行けるのです。
なんていうタイミングでしょうか。


GoogleMapの航空写真だと、藤沼ダムは復旧中ですね。

東北道を北上し、福島県へ。
降りる場所は割とどこでもいいのですが
今回は白川中央スマートICから下道へ。
降りた直後にR294と交差するので右折してそのままR294へ。
あとは、いつもの無駄動画。



到着です。


天端。すっかり再建され綺麗なものです。


上流側。ロックフィルっぽくもある。
再建された堤体のデータがいまいち見つからないので何ともなのですが。


フィルダムでよく見る形になった洪水吐き。
もちろん震災前のものは写真でしか知りませんが…


その下流側。


ここから150万トンの濁流が下っていったと思うとゾッとする。

真新しい監査廊の入り口みたいなものがみえる。
近代的な、より安全なダムに生まれ変わったということだろうか。


再び水をたたえたダム湖「藤沼貯水池」。
しかし湖畔にある施設は「藤沼湖自然公園」なので、もう「藤沼湖」で良いんじゃなかろうか。


一度戻って、藤沼副ダムのほうへ。
あまり見た目は変わらないので写真を間違えそう。
こちらの堤体も再建されたものだろう。


この綺麗に再整備された藤沼ダムに二度と悲劇が起きないことを祈ります。
藤沼ダムに限りませんけども。

最後に藤沼貯水池を一周してみます。


というわけで、今回の旅行のトップバッターは
震災から復興した藤沼ダムでした。





訪問日:2019.04.07

ダム諸元
名称:藤沼ダム(ふじぬま)
形式:アース
目的:A
堤高:31.4m
堤頂長:149.2m
堤体積:231,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:-
総貯水量:1,500,000m3
ダム湖:藤沼貯水池
管理者:福島県
完成年:1949年/2017年

ダムカード無し

wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

前のページ      次のページ
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[06/04 腕時計ショップ]
[06/03 CloneFBpaype]
[05/30 ブランドコピー]
[05/29 CloneFBpaype]
[05/28 スーパーコピー商品]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川調節池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

印旛沼

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
中部のダム
山梨/ 長野/ 岐阜/ 静岡/ 愛知

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]