忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
鵜川ダム(新潟)
鵜川ダム(新潟)

文字の金色が黒くなってるな。。

拍手[0回]

PR
2017/9/21~22の柏崎旅行は
バイクのトラブルもあって、大変ではあったものの
実に充実した旅行になった、と思う。

ああ、楽しかったな……


などと余韻に浸っている時間は私には無い。


そうです、
まだ9月中に終わらせなければならない宿題が
残っているではないですか!

何のことか覚えていたら、素晴らしい記憶力です。


それは…

ダムスタンプラリー
どん!!

長野スタンプラリー地図
どどん!!!


そうです!高遠ダムに行かねばならないのです!!!

しかしバイクは故障したまま!!
そうだレンタカーだ!!

出発日は!!
そうだ、ここしかない!!


こうして、私は柏崎から帰って二日後の24日、
長野へと旅発つのでした。

拍手[0回]

ダム巡りは終了し、あとはスタンプ及びカードの回収を残すのみ。
二日間でしたが楽しい旅行になりました。

前日に行った川内ダム、そして谷根ダム赤岩ダムの
スタンプ及びカードを頂くのは……



日本海フィッシャーマンズケープになります。

フィッシャーマンズケープ
その中のこの建物。

フィッシャーマンズケープ
ゲット!
あとは、これを柏崎駅の観光センター?に持って行くのです、が。

シーラ刺
昼食でございます。
そのうちの一つ。シーラ刺(確か)。
味はもう忘れましたがwおいしかったのは確かです。

そして、このフィッシャーマンズケープは「恋人岬」の入り口でもあります。

観光地みたいだし、せっかくなので見に行くことに。

バイク冷却中でもある

恋人岬
歩くと結構かかるのですが、端折って到着。

恋人岬
この鐘を鳴らすときっと良いのでしょう。
いくつかの鐘は紐が千切れたりしてましたがー

そして、ハート型(だけではないけど)のプラ板を南京錠で柵に取り付ける定番の奴。
これがもう膨大な数ある。

恋人岬
果てしなくある。そんなことより景色が良い。
映り込んでいる男性二人は恋人では無い……と、思うが……いや、もしや……

恋人岬
下の広場からの景色も良い。

ちなみに、当然朽ち果てかけている古いものから新しいものまで色々だが

恋人岬
古くなったモノは取り外し、モニュメントの下に保管するらしい(埋めるんかな)。
“愛”も定期的なメンテナンスが必要です。何年か後には新しい鍵を取り付け、新たに“愛”を誓いましょう。
とある。
ちなみにハートと鎖と南京錠はそれぞれ別売りである。
3つ併せて1000円くらいになる。
どこか商売気を感じるのは、自分の心が荒んでいるからだろう。
鎖と南京錠くらいは駅前のホームセンターで用意しても良いかもしれない。

恋人岬
なんかグアムの恋人岬と姉妹提携をしているそうで
グアムの方向が分かるオブジェがある。

恋人岬
新規に増設されたと思われる柵が無残にも倒れている。
プレートを見ると、ほんの数日前に倒れたっぽいのが分かる。
ってか、この先週に台風きてたな、そういや。

恋人岬
そんな恋人岬でした。

バイクもそろそろ冷めたでしょう。

日本海
往き道とは違う海沿いの遊歩道で帰ってるところ。
いやはや、良い天気で最高の気分だ。

柏崎刈羽原発
あれはー、お休み中の柏崎刈羽原発かな。

そんな日本海の景色を眺めつつバイクに帰るとすっかり冷めたようなので
最終地点の柏崎駅へ。

柏﨑駅
スタンプラリーの景品である、鵜川ダムのスペシャルカード?をゲットして
完全にミッションコンプリート!

あとは、出来るだけ早く高速道路に飛び乗って
走り続けることによってオーバーヒート対策とする!

しかも、東京に着く前からは雨も降ってきて
温度のことを余り気にせず帰ることができましたとさ。

これが2017/9/22のお話w

拍手[0回]

赤岩ダムは、谷根ダムの上流1.5kmほどのところにある。


バイクが再び熱くなる前に到着。すばらしい。

赤岩ダム(新潟)
赤岩ダムは谷根ダムより見学しやすいw

赤岩ダム(新潟)
広場も整備されている。

赤岩ダム(新潟)
天端は車両進入禁止。

赤岩ダム(新潟)
谷根ダムと同じく諸原入り銘板。項目がいくつか違うようだけど。
出来た年代は大分違うようで。

赤岩ダム(新潟)
係船庫の脇から見る上流側。

赤岩ダム(新潟)
ダム湖の景色。網場は草が生えまくってる。

赤岩ダム(新潟)
下流側。減勢工が複雑な形をしている。

赤岩ダム(新潟)
下流の景色。小さく谷根ダムが見える。

赤岩ダム(新潟)
その逆に、谷根ダムから見る赤岩ダム。

赤岩ダム(新潟)
天端から見る係船庫。

赤岩ダム(新潟)
帰る直前に気づいた看板。葉っぱが落ちた秋冬しかちゃんと見えなそう。
まあ冬は完全に通行止めのようですけど。

赤岩ダム(新潟)
そんで帰り道。管理用道路からはバッチリ見られるので締めに一枚。
この赤岩ダムで柏崎ダムスタンプラリーのダムは全て巡りました!
あとはスタンプを貰いに海沿いの施設へ移動します。

赤岩ダム(新潟)

訪問日:2017.09.22

ダム諸元
名称:赤岩ダム(あかいわ)
形式:重力式コンクリート
目的:W
堤高:76.5m
堤頂長:212.0m
堤体積:210,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:EL235.5m
総貯水量:3,730,000m3
ダム湖:-
管理者:柏崎市
完成年:1989年

ダムカード無し

柏崎市 ダム便覧

拍手[0回]

応急処理、というか
気休め程度の対処を施したバイクで二日目出発です。
どうしても水温が上がりすぎたら休めばいいんだろ!?的な。

谷根ダムは柏﨑駅から10kmほどの距離にあります。


信号の少ない区間に入れば割となんとか頑張れる。

谷根ダム(新潟)
見えてきました谷根ダム。正面からはあまり良いアングルが無いようだ。
ちなみに「谷根」は「たんね」。

谷根ダム(新潟)
谷根ダムの諸元いり銘板。ちょいとばかり年上のダムでした。

谷根ダム(新潟)
天端は車両進入禁止。

谷根ダム(新潟)
ダム近辺の山は無断立入禁止のようだ。水源地なので厳しいのは仕方ない。
地図にあるように、すぐ上流にこの後行く赤岩ダムがある。

谷根ダム(新潟)
下流の様子。

谷根ダム(新潟)
目線を上げると山ばかり。奥の山の向こうには日本海があるはず。

米山湖(谷根ダム)
上流に広がるダム湖・米山湖。
この写真だとちょっと見にくいが中央に赤岩ダムが見える。

ということはもちろん

谷根ダム(新潟)
赤岩ダムからも谷根ダムが見える。
写真を間違えました。これは途中から見た図でした。

谷根ダム(新潟)
赤岩ダムから見た谷根ダムはこちら。
なんか距離感が違うなと思った……

谷根ダム(新潟)
谷根ダムに戻って左岸側から。

ひとしきり谷根ダム見学が終わったので
谷根ダム(新潟)
赤岩ダムへ向かいます。
バイクも少し冷えたしねw

谷根ダム(新潟)
※ダムカードの配布は終了したそうです。


訪問日:2017.09.22

ダム諸元
名称:谷根ダム(たんね)
形式:重力式コンクリート
目的:W
堤高:54.0m
堤頂長:161.0m
堤体積:57,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:EL161.8m
総貯水量:1,300,000m3
ダム湖:米山湖
管理者:柏崎市
完成年:1973年

ダムカード無し

柏崎市 ダム便覧

拍手[0回]

   次のページ
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 6
8 9 10 11 12 13
20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[01/08 山名斯波]
[01/08 山名斯波]
[01/01 山名斯波]
[01/01 成瀬葉]
[12/31 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]