忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
というわけで、雨は全然あがらないのですが……
神一ダムに到着です。


いつ見てもナイスな造形のダムです。
天気は最低ですがっ!

こんなに白かったかなぁ、と前回訪問したときの写真を見てみたが
前回も薄ぼんやりな天気及び時間でハッキリしないが
白かった様子。



まあ、天候も悪いし……カードがあるワケでも無いし
っていうか、見学ポイントもそんなに無いし……

逃げるように去るのでありました。

このまま松本方面へ行くと、道沿いに
新猪谷ダムと浅井田ダムがありますが、やはり天候等々
あと、一回行ったしなぁというのもありスルーで。


訪問日:2018.08.31

ダム諸元
名称:神一ダム(じんいち)
形式:重力式コンクリート
目的:P
堤高:45.0m
堤頂長:344.4m
堤体積:108,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:-
総貯水量:11,346,000m3
ダム湖:-
管理者:北陸電力
完成年:1954年

ダムカード無し

wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

PR
と言うわけで、富山遠征は
とうてい実現不可能なプランではありましたが、
富山県東部はおおよそ制覇出来たかな?といった結果になりました。

全日程を通して雨に祟られ、最終日も雨につきまとわれて……

で、どうやら太平洋側は雨が降っていないってなことだったので
さっさとR41を南下して……というルート。

そうなると、どうしても神通川沿いで……
丁度雨も小康状態になりー

立ち寄るよねー神二ダム。


駐車場と公衆トイレもあって、休憩場所になってる神二ダム。


北陸電力の発電用ダムです。


5年前来た時は、ダム巡り終盤で体力0で来たので
ちょっと写真撮って直ぐに立ち去りましたし、
「(次)立ち寄ることはないだろう」みたいなこと書いてますが
まんまと立ち寄りました。

そんな前回と違い今回は体力もありますし、
今は雨もほぼ上がったので天端にも行ってみます。


ダムを遠目に見ただけでは、絶対立入禁止だろうなぁ、と思ってしまう感じですが


普通に入れる。巻上機の裏の細い通路を歩いて行ける。

だが、この辺りでまたしても雨脚が強くなってきて
テンションだだ下がり。
それほど歩かず戻ってトイレ行って先を急ぐことに。


一応、ダム湖……湖っていうか……
神通川が太くなってる場所っていう感じ?w
バックウォーターでいいか。


この辺りを神通峡というらしい。
見ての通り下流には神三ダムがあるけど……晴れてたらねぇ……
まあ、神一ダムは是非寄りたいと思っていたので行くとして。


結局雨に負けた形でさっさと退散したのでした。

雨が降ってると防水コンデジになるのだが、やっぱりイマイチだな……
ああっ雨って碌なことがない!


訪問日:2018.08.31

ダム諸元
名称:神二ダム(じんに)
形式:重力式コンクリート
目的:P
堤高:40.0m
堤頂長:336.766m
堤体積:107,000m3
堤頂標高:-
サーチャージ水位:-
常時満水位:-
総貯水量:8,663,000m3
ダム湖:-
管理者:北陸電力
完成年:1953年

ダムカード無し

wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

さあ、三日目!!ていうか最終日っていうか、8月31日です。

昨夜の豪雨は去り、
なんとか雨も上がって、さあ気持ち良く東京に帰りましょう!

ただその前に、有峰林道のそばにある熊野川ダムは行っておかないと
次回の富山ダム巡りの時に若干面倒なことになりそう。

というワケで、金沢から再び富山まで一気に移動して(確かこの時は下道)


熊野川ダム到着!!!

んがしかし!!!


結局それなりの強さの雨に降られるのでありました。
写真は管理所。
PR室的なものが見えるので雨宿り的に逃げ込みました。


いやぁ参った参った……少し乾きかけた装備も再びぐっしょりだよ、はぁ。
とか思いつつ展示物を見物。


ふむふむなるほど~……などと眺めつつ、
良くあるパターンでは、ダムカードもこういうところに置いてあるものなのですが
どうも見当たらない。


一回外に出て……やっぱりインターホンパターンかなぁ……?

と、その時……!!!!


足下にっっ!!!!!


屋外にこの設置の仕方は中々に斬新!!
程度によっちゃぁ、ずぶ濡れですぜ!!?
ってか、この方式だと、たとえ深夜に来てもダムカードを貰えるということに。
ど、どうなんだろうか……?


謎はちょっと残ったモノのダムカードはゲットしたし、
雨中でもダムは見ますよ!!


上流側から。立派な取水設備。


天端の様子。記憶が曖昧だが車両通行可能だと思う。
ストリートビューも無いので確認出来ないや。


下流側から。
天端幅いっぱいの越流堤に、この写真では確認できないけど
オリフィスもゲートレスらしい。


ちょいと天端に入って、ダム湖の景色と……


下流の景色。まあ雨で視界は悪いです。
この日一基目ですけど、すでに雨に心を折られ気味……

このまま日本海側を東へ進んでから帰ると、
雨雲に最後までつきまとわれそうなので
R41を一気に南下して松本辺りから高速に乗ることに。

どうも、前夜の豪雨とか、この日の雨によってなのか
ラジエーターファン(小さい方)が壊れたのもこの日と思われる……

有峰林道で一瞬おかしくなったリアブレーキも交換になるのは
この時の西垣さんはまだ知らなかった。




訪問日:2018.08.31

ダム諸元
名称:熊野川ダム(くまのがわ)
形式:重力式コンクリート
目的:FNP
堤高:89.0m
堤頂長:220.0m
堤体積:371,000m3
堤頂標高:EL329.0m
サーチャージ水位:EL326.0m
常時満水位:EL315.6m
総貯水量:9,100,000m3
ダム湖:-
管理者:富山県
完成年:1985年

ダムカード有り

富山県 wikipedia ダム便覧

拍手[0回]

と言うわけで、何やかんやダムを巡ったものの
初日の宿泊地、富山の方が圧倒的に近い位置から
すでに予約をしていた金沢の宿泊施設へ移動します……


見よ、この無駄な移動を!!
ほんとに全くさっぱり無駄になってしまいましたが
予約も入れていることですし、グダグダ言っても仕方ありません。

さっさと高速乗って移動を…………したら…………


大雨警報のど真ん中に飛び込むことになってしまいました。
笑えるくらいの雷雨の中、高速でもまったくスピードも出せず
さらに移動時間が伸びて……もうね、大変でしたよ……


とりあえず、ビールに辿りついた頃には雨も落ち着いてきましたけどね。

バイクでの旅行になったときの雨対策はある程度していますが
靴と手袋、とくに靴がねぇ、どうにもなりませんね。
一晩で乾くわけ無いし。どうしたもんだろう。
靴用のレインコート(?)もありますがねぇ……あれ、どうなんやろうかなぁ。



翌朝は、施設の食事処で朝ご飯。

最終日であるこの日は、金沢から再び富山へとんぼ返りし、
前日に間に合わなかった熊野川ダムに寄って
あとは東京に帰るのみです……

もう雨には降られたくないが……はてはて。

拍手[0回]

日没に追われつつ有峰林道小口川線を
祐延ダムと小口川ダムの上流からの姿をカメラに収めつつ戻ってくると
辺りはもう薄ぼんやり。

近くにある熊野川ダムも時間切れで行けません。
ていうか、富山駅に対してまだ東側に居るのですが

この日の宿は金沢にとっています……

もう今回の旅行プランは歴代最悪と言っても過言では無いでしょうw

とにかく金沢まで一気に移動するのですが~
有峰から北陸自動車道まで、川沿いを戻っている途中にある気になる存在が横江頭首工。



頭首工は用水路の分岐点だったりする訳ですが
やってることはダムと同じです(?)取水堰ってとこか。
実際、堤高が15m超えてダム扱いの頭首工もあります。


富山の農業を支える横江頭首工。
堤高は14.1mと、ダムに分類されるまであと0.9m!惜しい!(?)


見た目は水門系。
……まあご覧の通り、メインは対岸なのですが……
いいんです。おまけで寄っただけですから!


天端はこんな感じ。しっかり舗装されて幅も十分ですが……


立入禁止。
車両通行止めかと思ったら、それ以上だったなり。


階段型の減勢工や、真ん中の辺りには流木が山盛り、と色々気にはなる存在。
あと、どう見ても用水路の水門とか魚道っぽいのが対岸には見える。
対岸には……

こっちには何も……

さあ、金沢へ向かいましょう……

訪問日:2018.08.30

拍手[0回]

前のページ      次のページ
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[01/05 ほえ]
[01/01 成瀬葉]
[12/30 成瀬葉]
[12/20 ほえ]
[12/01 ほえ]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

荒川貯水池

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム

山口ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム

村山上ダム

村山下ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]