忍者ブログ
ダムとバイクと、ときどき役者。
主な成分はそんなところです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
山本調整池から北にはあまりダムのない土地なのですが
そこから北へ24kmほど。
刈羽村を越えて柏崎市の北端とも言える場所にあるのが後谷ダム。


通常なら行かないであろうアースダムだが
ここがスタンプラリーのスタート地点。(順番は問わないのだけども)
この一つだけ離れたダムをどのタイミングで行くかは最後まで頭を悩ませたものだw

後谷ダム(新潟)
堤体そのものも、下流の土地も綺麗に整備されている後谷ダム。

あ、走ってる間に雨は抜けたようです。

後谷ダム(新潟)
これからあそこの階段を……

後谷ダム(新潟)
って出来ないのよねん……
ここを封じられるとほぼ見学終了な訳で。

後谷ダム(新潟)
あ、堤体の横の洪水吐きはまあ近寄れないまでもこう見ることは出来ます。

これで下流での見学は終了。
上流も入れる訳ではないのでアレですが……

後谷ダム(新潟)
上流側から見ると、リップラップの白い石が綺麗な様子。
白い網場と、係船庫、洪水吐き、写真から切れてるが右側には管理所が。

後谷ダム(新潟)
洪水吐きの構造は、ちょっとここからではどうなってるのか分からない。

後谷ダム(新潟)
最後にダム湖の様子を。
天気が晴れてきたのがホッとする。

このあと、近くにある「西山自然体験交流施設ゆうぎ」に行き、
スタンプとダムカードを貰いミッションコンプリート!
次のダムへ向かいます。

後谷ダム(新潟)
※スタンプラリーは終了しています
※カードは在庫が無くなり次第配布終了


訪問日:2017.09.21

ダム諸元
名称:後谷ダム(うしろだに)
形式:アース
目的:A
堤高:27.0m
堤頂長:288.0m
堤体積:193,000m3
堤頂標高:EL64.0m
常時満水位:EL61.5m
総貯水量:1,150,000m3
ダム湖:-
管理者:水土里ネット柏崎
完成年:2008年

ダムカード有り

柏崎市 北陸農政局 ダム便覧

拍手[1回]

PR
山本第二調整池のすぐ北、500mくらいの場所にあるのが山本調整池。


こちらも、ダム堤体そのものにはあまり惹かれないので…

山本調整池(新潟)
それでもまあ、池ってか湖ってかは、青空があると映えるもので。

山本調整池(新潟)
余水吐きだと思う構造物。
発電所への取水口へどんどん近づいていくと……

山本調整池(新潟)
逆に水が流れてくる。なんか変わった構造だ。
こういうとこ他にもあるのかな。

山本調整池(新潟)
もちろん立入禁止です。
しかし、このへんで再び雨が降り始めて、テンションが下がる。

山本調整池(新潟)
こっちは小千谷発電所への巨大な取水口。当然、あっちにも流れ落ちている。

山本調整池(新潟)
で、水が流れ込んで来ているのは、このゲート……なんだと思う。
その水は、浅河原調整池から千手発電所で発電に使われたあとに
再び15km以上流れてきたものだ。

山本調整池(新潟)
でも、流れてきた水の半分は貯水池にたまってる……のかな。
全て発電に回さない理由は…調べて無いし、まあいいや。
ダムカードによると昼夜に水を貯め、朝夕のラッシュ時間帯に発電してるそうだ。

さて、これでJR信濃川発電所のダム4基全て回りました。

ここまで来て、ようやく四枚のダムカードがいただけます。
宮中取水ダム、浅河原調整池、山本調整池、山本第二調整池の4枚。
ダムカードを貰う方法は二つありますが、
簡単なのは、山本調整池と山本第二調整池の間にある

「市民の家 小千谷信濃川水力発電館」
通称「おぢゃ~る」
おぢゃ~る

で、もらうことかな、と。
各ダムを訪問したことを証明する写真が必要になります。
この手の場所でオススメするのは、証明用にスマホで一枚ずつ撮っておくことですかね。

雨が酷くなったので、若干休憩させて頂きましたが
止む様子もなく、諦めて出発するのでした……

山本調整池(新潟)

訪問日:2017.09.21

ダム諸元
名称:山本調整池(やまもとちょうせいち)
形式:アース
目的:P
堤高:27.5m
堤頂長:926.6m
堤体積:-m3
堤頂標高:-
常時満水位:-
総貯水量:1,071,000m3
ダム湖:-
管理者:東日本旅客鉄道株式会社
完成年:1954年

ダムカード有り

JR東日本 ダム便覧

拍手[1回]

浅河原調整池から引き続きr49を北上。
直線距離で言うと18km程度あるので結構かかりますが
関越を越えた頃に到着です。


柏崎ダムスタンプラリー編と言っておきながら
十日町市から小千谷市へ。柏崎市周辺を彷徨っております。

山本第二調整池(新潟)
てなわけで到着でございます。

山本第二調整池(新潟)
こうしてみると、何てこと無い池に見えるが
ロックフィルダムなんだそうだ。
堤体の向こうには小千谷市の市街地が広がる。

山本第二調整池(新潟)
シールドマシンの一部がオブジェになっていた。
説明書きによると「ECLシールド機」の部材だそうで
「本工区では、山岳トンネルで我国最初の、シールド機を用いた
 直打ちコンクリートライニング(ECL)工法で施工しました。」
……だ、そうです。

山本第二調整池(新潟)
調整池の中にあるJRの文字が主張してくる構造物。
取水口かと思ったら余水吐きらしい。
でも近くに小千谷第二発電所の取水口もあると思われる。

山本第二調整池(新潟)
調整池に注ぎ込む場所。
この水は、宮中取水ダムの第二取水口から30kmもの距離を流れてきたもの。
山の中にはこういう見ることの出来ない導水路が結構張り巡らされている。
山道を走っていると、斜面に沿ってぶっといパイプ(水圧鉄管)が設置されてるのは
見たことある人も多いと思うが(その下には水力発電所がありがち)
その前には、地面の中を何キロにもわたって水路が作ってあると思うと
「なんかすげーな」と漠然と思ったりする。

こういう系のダムはあまり好きではないので、
別のとこに思いを馳せてみたよ!

山本第二調整池(新潟)

訪問日:2017.09.21

ダム諸元
名称:山本第二調整池(やまもとだいにちょうせいち)
形式:ロックフィル
目的:P
堤高:42.4m
堤頂長:1392m
堤体積:-m3
堤頂標高:-
常時満水位:-
総貯水量:3,640,000m3
ダム湖:-
管理者:東日本旅客鉄道株式会社
完成年:1990年

ダムカード有り

JR東日本 ダム便覧

拍手[1回]

宮中取水ダムからr49を信濃川沿いに北へ向かうこと8kmほど。
ほぼ丁字路のような感じの先に見えてくる池?が浅河原調整池。


宮中取水ダムから導かれた水がまず最初にやってくる場所だ。

浅河原調整池ダム(新潟)
朝日を受ける緑の堤体が綺麗。
見ての通りのアースダムだ。

浅河原調整池ダム(新潟)
上流側はリップラップといっていいのか、石で保護しているような案配。

浅河原調整池ダム(新潟)
天端はこんな感じで通れそうだが…

浅河原調整池ダム(新潟)
ここを通るには、特殊な資格が必要なのだ。
私のようなオッサンが通ることなど出来ぬのだ。

折しも通学時間にかかっていたのか
数人の学童がここを渡って来ていた。
今のうちに存分に堪能するとよい。

浅河原調整池ダム(新潟)
んで、調整池の方を見ると、巨大な構造物がある。
それの左にも何か見えるが、あれは余水吐き的な取水口らしい。

浅河原調整池ダム(新潟)
この巨大な構造物は、宮中取水ダムからの水が出てくるところらしい。

浅河原調整池ダム(新潟)
調整池側から見る堤体。まあ逆光なので見にくいですけどね。

浅河原調整池ダム(新潟)
そんな浅河原調整池は、土木遺産になっております。

んで、ここのダムカードもこの後いく山本調整池の近くで貰える。

浅河原調整池ダム(新潟)

訪問日:2017.09.21

ダム諸元
名称:浅河原調整池(あさがわらちょうせいち)
形式:アース
目的:P
堤高:37m
堤頂長:291.8m
堤体積:-m3
堤頂標高:-
常時満水位:-
総貯水量:1,065,000m3
ダム湖:-
管理者:東日本旅客鉄道株式会社
完成年:1945年

ダムカード有り

JR東日本 ダム便覧

拍手[1回]

新潟まではもう遠いと感じる距離ではありません。
関越を北上し、湯沢、もしくは塩沢石打あたりで下道へ。
あとはR353で新潟に入れば宮中取水ダムに到着します。



しかし折からの雨で、一基目からビショビショである。
予報はそんなに悪く無かったハズなのだが……

宮中取水ダム(新潟)
雨の中、堤体に近い場所に駐車しようとやってきたのが
取水された水路の脇。
この水は、最終的に発電所に向かい、JRの電車を動かす電力になるのだ。

宮中取水ダム(新潟)
取水用のゲート達。結構な勢いで流れてるのが分かる。

宮中取水ダム(新潟)
んで、こちらがダム本体。

宮中取水ダム(新潟)
なんでも信濃川本流にある唯一のダムらしい。

宮中取水ダム(新潟)
天端の様子。空は明るくなってるし、なんとか晴れて欲しいもんだ。

宮中取水ダム(新潟)
この宮中取水ダムを始め、発電所に至るまでの説明看板。
左上の方にあるのが宮中取水ダム。
このあと、いくつかの調整池を通って、発電所から信濃川に戻るのだ。

宮中取水ダム(新潟)
堤体上からみる取水口。すげー広い。

宮中取水ダム(新潟)
放流しているゲートまでやってきた。
ゲートから大量に抜ける水に、渦巻きが出来ていた。

宮中取水ダム(新潟)
右岸には立派な魚道がある。
魚道側のゲートが放流してるので、中にはせっかく登って来たのに
下流に押し流されてる子もいるかもしれないw

宮中取水ダム(新潟)
魚も大変だ。

宮中取水ダム(新潟)
時間によっては解放されてるらしい。
朝一で訪れてるので、もちろん解放されていないが致し方ない。

宮中取水ダム(新潟)
気づくと、青空が見えてきた。よしよし。

このまま下流300mほどのところにあるR353の橋まで歩くと…

宮中取水ダム(新潟)
正面からそのご尊顔を拝むことが出来る。
このタイミングで晴れ間が覗いてきたのはありがたい限り。

宮中取水ダム(新潟)
雨上がりの晴れ間ってことで、
スポットライトが当たったかのような堤体と、二重にかかる虹を見ることが出来た。
雨が降ってたため防水コンデジでしか撮れなかったのが若干残念。

宮中取水ダム(新潟)
戻ってきました。晴れている内にもう一度堤体を撮ってフィニッシュ。

この後、発電所までのいくつかの調整池を経由していくと
ダムカードを貰える場所に行くことが出来る。
そこに到着する時間から逆算しての、早朝の宮中取水ダムでした。

宮中取水ダム(新潟)

訪問日:2017.09.21

ダム諸元
名称:宮中取水ダム(みやなかしゅすい)
形式:重力式コンクリート
目的:P
堤高:16.8m
堤頂長:330.8m
堤体積:51,000m3
堤頂標高:-
常時満水位:-
総貯水量:970,000m3
ダム湖:-
管理者:東日本旅客鉄道株式会社
完成年:1939年

ダムカード有り

JR東日本 新潟県十日町市 wikipedia ダム便覧

拍手[1回]

前のページ      次のページ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 6 7 8 9
10 11 12 13 15
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カテゴリー
★戯れ言

★STP

□趣味

★バイク

★テニス

★栽培

□ゲーム
||
|├★MHP3
||
|├★MH4
||
|├★みんなのGOLF
||
|└★Ingress

□カメラ
  |
  ├★雑記
  |
  └★ねこ

□役者活動

★舞台

★仕事関連

★その他
 
□ダム活動

★雑記

★ダム巡り旅行
 
最新コメント
[12/14 成瀬葉]
[12/06 成瀬葉]
[12/05 成瀬葉]
[12/04 成瀬葉]
[11/18 山名斯波]
ついった
QRコード
今日のダムフォト
関東のダム
茨城/ 栃木/ 群馬/ 埼玉/ 千葉/
東京/ 神奈川

茨城県

小山ダム

十王ダム

花貫ダム

水沼ダム


埼玉県

有間ダム

浦山ダム

合角ダム

滝沢ダム

玉淀ダム

利根大堰

二瀬ダム

間瀬ダム


千葉県

片倉ダム

亀山ダム

白石ダム

高滝ダム

利根川河口堰

矢那川ダム


東京都

岩淵水門

小河内ダム

白丸ダム


神奈川県

石小屋ダム

相模ダム

寒川取水堰

城山ダム

道志ダム

沼本ダム

本沢ダム

三保ダム

宮ヶ瀬ダム
北陸・中部のダム
新潟/ 富山/ 福井/ 山梨/ 長野/
岐阜/ 静岡/ 愛知

富山県

宇奈月ダム

黒部ダム

神一ダム

神三ダム

神二ダム

山梨県

雨畑ダム

荒川ダム

柿元ダム

葛野川ダム

琴川ダム

塩川ダム

大門ダム

広瀬ダム

深城ダム

愛知県

宇連ダム

大島ダム

大野頭首工

新豊根ダム

東郷調整池

羽布ダム
近畿のダム
中国・四国のダム
岡山/ 徳島/ 香川

岡山県

坂根堰

百間川河口水門

徳島県

池田ダム

香川県

粟井ダム

香川用水調整池

五郷ダム

豊稔池ダム
広告
Copyright ©   C2Gの独り言   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]